カテゴリ:天体( 127 )

はやぶさ2 今夜地球スイングバイ

 朝からニュースでも伝えているように小惑星ryugu(りゅうぐう)にむけて出発するはやぶさ2が地球の重量を利用して(スイングバイ)小惑星軌道へと今夜移動します。18:45ごろ北極星の横付近を通り東の空にあるおうし座(アルデバラン)付近を航行する姿が見えるはずです。
a0053771_992753.jpg


午後から晴れそうなので、北東方面がよく見えるところで撮影したいと思います。どれぐらいの明るさになるかは不明ですが、ISO1600.SS 3SEC. INT. 1SEC.でコンポジットしたいと思っています。ちなみに、2002年に火星探査機「のぞみ」による地球スイングバイを観測した際、明るさは15~16等だったそうで、今回も同じくらいならほとんど写らないと思っています。でも、ものはためしでチャレンジしてみます。
a0053771_12234024.jpg

[PR]

by koba620m | 2015-12-03 09:13 | 天体 | Comments(0)

イリジウム68 フレア

 10月12日 18:18:01イリジウム68が南南東50°でフレアを起こしました。まだ明るい名古屋の空でしたが、なんとかその姿をおさめることができました。
 このところ雲に隠れた姿が多かったので、なかなか遠出できず今日は自宅の庭先からの撮影となりました。

a0053771_19382494.jpg


撮影機器:および撮影データ
カメラ CANON EOS Kiss X3
レンズ TAMRON 15mm F 4.5
SS 8sec. INT. 1sec. 47枚(370sec.)を比較明合成
[PR]

by koba620m | 2015-10-12 19:38 | 天体 | Comments(0)

カタリナ彗星 Catalina (C/2013 US10)撮影に向けて

 カタリナ彗星 (C/2013 US10)が11月~12月にかけて肉眼彗星になるのではと言うお話は以前載せましたが、今回はその撮影に向けての準備の様子をお知らせします。
 今回の彗星は、このところ手に入れているFDレンズの単焦点で狙ってみたいと思います。そこで、ステラナビゲーターで12月8日4:50頃の東の空の様子を調べてみました。

名古屋での12月8日4:50
a0053771_10194324.jpg

月齢26.4の月と-4.2等星の金星が上ってきています。その左横に4.8等になっているだろうカタリナ彗星があります。目印があるのでフレーミングがしやすいと思います。
APS-Cサイズのカメラでの90mm,135mm,200mmでの画角は次のようです。これで行くとピントさえ合えば135mmと200mmの2台を架台にのせポタ赤で追尾して撮れそうです。

90mmの画角(白い四角い枠が画角です。)
a0053771_1025332.jpg

135mmの画角(白い四角い枠が画角です。)
a0053771_10255131.jpg

200mmの画角(白い四角い枠が画角です。)
a0053771_102662.jpg


変に遠征せず、春日井市内か瀬戸市内で撮影を予定しています。昨年、ふたご座流星群で茶臼へ行って失敗したため・・・
[PR]

by koba620m | 2015-10-10 10:29 | 天体 | Comments(0)

カタリナ彗星

 2013年10月31日に発見されたカタリナ彗星が、今年の秋から冬にかけて、4等級~5.0等の肉眼彗星になると予想されています。 詳しくは吉田誠一さんのホームページへ9月2日現在は 6.3等。この調子だと、4等級の肉眼彗星になるかもしれません。 最大光度となるのは、11月18日頃~12月3日頃にかけてです。
下の星図は 2015年11月25日午前 5時26分、彗星の予想光度は 4.3等( 肉眼光度 )。 周辺では、おとめ座のスピカ(1等)・金星(-4.2等)・火星(1.6等)・木星(-1.9等)が縦に並んでいます。左の方では、うしかい座のアルクトゥールス(-0.1等 )も輝いています。尚、西北西の低空に月齢 13.1の月が沈みかけているので、少し月明かりの影響があり、肉眼では 5等星までしか見えません(彗星を見るには、双眼鏡が必要です)。
a0053771_8361498.png


下の星図は 2015年12月4日~24日にかけての予想位置で、この間、4.5等( 肉眼光度 )となりそうです。
a0053771_8402666.png


この後は5等星ぐらいで位置を北にずらしていき、1月末から2月にかけては北極星の近くで一晩中見えるようになります。光度は6等級ぐらいです。

12月8日4時ぐらいには月26.1の月と金星とカタリナ彗星が90mmの画角にすべてはいるようになるので撮ってみたいのですが、設定が難しそうです。月と金星の明るさに負けて彗星が写るかどうか心配です。それまでに2度ほど同じぐらいの月を移す機会があるので設定を考えていきたいと思います。12月初旬の早朝は寒いので起きられるかどうかが心配です。
[PR]

by koba620m | 2015-09-05 08:50 | 天体 | Comments(0)

毎年恒例の御岳詣で

 今年も夏の御岳詣でが近づいてきました。昨年の噴火から警戒レベルが下がり田の原自然公園内に入ることができるようになりました。今年のペルセウス座流星群の極大日は8月13日15時となっています。昨年は台風の接近で予定日には出発できず、到着しても丸2日間雨と霧で車内に閉じこめられる最悪の遠征でした。今年は8月10日夜出発の14日に帰ってくる予定で計画しています。
 今年は新兵器をひっさげての御岳遠征です。一番は超広角11mm-18mmのタムロンのレンズです。流星群撮影には35mm換算で18mm-24mmのこのレンズはきっと結果を出してくれると思います。
 もう一つの新兵器は、車中泊の味方12V対応の炊飯器(タケルくん)です。ご飯は最大1.5合しか炊けませんが十分かと思います。ショップでは6,000円ぐらいで売られているのですが、先日オークションで4,500円で落札しました。送料等で5,240円。これで炊きたてのご飯が食べられるのなら最高です。
a0053771_1655170.jpg

[PR]

by koba620m | 2015-07-11 16:56 | 天体 | Comments(0)

ISS太陽面通過

 いろいろと調べていて分かったことですが、7月22日(水)朝7:02過ぎにこの地域でISSの太陽面通過を見ることができます。太陽フィルターが必要ですが、見てみるのもおもしろいと思います。私は以前から撮影したいと思っていましたが、情報をどうやって得るのか分からずにいましたが、偶然見つけることができました。3年前の金環日食の撮影で使用したフィルターを使ってデジスコで撮影しようと思います。こんな写真が撮れたらいいな・・・
写真は愛媛県の笹岡さんの撮影です。

※ 訂正・・・日にちは23日でしたが、よく調べてみるとわずかにはずれていることが分かりました。期待させて申し訳ありませんでした。



a0053771_1351288.jpg

[PR]

by koba620m | 2015-06-30 13:51 | 天体 | Comments(0)

イリジウム64フレア

 今朝、イリジウム64号が-8.2等星の明るさでフレアを起こしました。さすがに-8.2等はかなりの明るさでした。南から天頂を通って北へ移動するイリジウム64はこぐま座付近でフレアを起こしました。絞り開放でSS15秒、インターバル1秒で5枚撮影しコンポジットしました。

a0053771_1412286.jpg

無修正版
a0053771_16105140.jpg



撮影機器:
カメラ・SONY α200 SIGMA24mm F 1.8
[PR]

by koba620m | 2015-02-07 14:01 | 天体 | Comments(1)

ラブジョイ彗星 C/2014Q2

 ラブジョイ彗星を撮ってきました。残念ながら尾ははっきりとは分かりませんでしたが、青白い姿を収めることができました。これが今年の撮り納めになりそうです。新年はしぶんぎ座流星群の撮影になりそうです。

a0053771_8295998.jpg


a0053771_831775.jpg



撮影機器:および撮影データ
カメラ CANON EOS Kiss X
レンズ SIGMA 90mm F 2.8
五島光学 スカイグラフ 自動追尾
[PR]

by koba620m | 2014-12-30 08:30 | 天体 | Comments(0)

星空指数100に誘われて

 26日、星空指数100に誘われて定光寺へ行ってきました。目標は真夜中のラブジョイ彗星と北天の日周運動を撮ることです。極軸合わせに失敗し、しっかりと止めることができませんでした。また、ラブジョイ彗星は探してみましたが見つかりませんでした。1月には5等星に増光するので正月休みに再度チャレンジしたいと思います。

北天の日周運動 SONY α350 SIGMA Aspherical 24mm F1.8 SS 5sec. INT. 1sec. 205枚を比較明合成

a0053771_7495360.jpg


オリオン座M42大星雲

a0053771_7531888.jpg


名古屋の夜景に沈む星

a0053771_7531269.jpg


イリジウムフレア SONY α350 SIGMA Aspherical 24mm F1.8 SS 20sec. INT. 1sec. ISO 200 5枚を比較明合成

a0053771_7554440.jpg



撮影機器:および撮影データ
カメラ CANON EOS Kiss X
レンズ SIGMA 90mm F 2.8
五島光学 スカイグラフ 自動追尾
[PR]

by koba620m | 2014-12-27 07:55 | 天体 | Comments(0)

イリジウムフレア

17日早朝は、同じ方向に10分間に3つのイリジウムフレアが見られるため、眠い目をこすりながら出かけてみました。東北東の空は雲がかかり半ばあきらめていましたが、ちょうど雲の切れ間から観測できました。3つをコンポジしようとしましたが、雲が重なり3つを一つの絵に収めることはできませんでした。
一番はっきりとらえた5:25のイリジウム90のフレアもフレアの途中でシャッターが切れ途中切れの絵になってしまいました。SS10秒も取ったのに切れてしまうとは、運もなかったと思いました。次回への課題となりました。

イリジウム90  05:29:32 -5.8等星
a0053771_658353.jpg


インチキをして切れ目を塗りつぶしてみました。
a0053771_14482257.jpg


イリジウム90  05:29:32 -5.8等星
a0053771_701288.jpg
 

イリジウム12  05:25:27 -5.8等星
a0053771_89848.jpg


イリジウム13  05:34:53 -0.3等星
a0053771_892226.jpg


撮影機器:
カメラ・SONY α350 18mm F 3. 5 α200 24mm F 1.8 SS 10SEC. INT. 1SEC.
[PR]

by koba620m | 2014-12-17 06:58 | 天体 | Comments(0)