タグ:長野県 ( 97 ) タグの人気記事

御岳遠征 星編

 今回の遠征でまともに星が撮れたのは12日夜遅くから13日の明け方まででした。それでも、雲とガスが次から次へとやってきて撮影をやめることがしばしば。ペルセウス座の流星群も3つほど撮影することができました。残念なのはきれいな天の川とさそり座のアンタレスが撮影できなかったことでした。また次への目標ができました。

まずは流星 ペルセウス座から下に向かって流れたマイナス等級のペルセ群
a0053771_18521325.jpg
鳥居の近くの水銀灯が明るくてレンズの反射が写ってしまいました。夏の第三角の中央に流れたペルセ群の流星
a0053771_18504106.jpg
夏の大三角を星が見やすいように画像処理した右下がこと座のベガ、その上にはくちょう座のデネブ、左下にわし座のアルタイルが確認できる。
a0053771_18503294.jpg
御岳の上空にベガとデネブが降りてきた。デネブが写るようにタテ構図にしてみました。(上・・・SONY α350 19mm F3.5 下・・・CANON kissX3 11mm F4.5)
a0053771_18500968.jpg
a0053771_08501623.jpg
薄明が始まった東の空から登ってきたオリオン座と金星
a0053771_18544441.jpg


[PR]

by koba620m | 2017-08-17 18:55 | 天体 | Comments(0)

御岳遠征 鳥編

今年もハイマツには実が見あたらなくて、ホシガラスも4~5羽はいるようですが、なかなか撮影できる場所にはとまってくれませんでした。結局撮れたのは100Mぐらい離れたシラビソのてっぺんに止まった1回だけで証拠写真程度でした。その他にはウグイス、ヒガラ、ウソ、カヤクグリにあいましたがどれもガスの中だったり一瞬でピントを十分に合わせられなかったりでこちらも散々な結果となりました。
a0053771_18282090.jpg
a0053771_18282479.jpg
a0053771_18284099.jpg
a0053771_18283046.jpg
a0053771_18304236.jpg
a0053771_18321307.jpg





撮影機器:および撮影データカメラ CANON EOS Kiss X3
レンズ CANON FD 300mm F 4

[PR]

by koba620m | 2017-08-17 18:32 | ホシガラス | Comments(0)

御岳遠征  御岳編


 毎年恒例の御岳遠征に行ってきました。今年の夏は天候不順で、星も鳥もいまいちでしたが涼しい御岳でのんびりしてきました。今回の遠征でプリウスの燃費の良さを実感しました。自宅からおよそ160㎞行きは急な登りが始まる19号元橋までおよそ20㎞/リットルで到着したら18㎞/リットルでした。帰りは下り坂の間中AVモードの電気で走行していたため帰宅したとき32.7㎞/リットルでした。なんと帰り道は5リットルしかガソリンを消費していない計算です。往復で見ても平均燃費は25㎞/リットル(往復で消費したガソリンは14リットル)というわけです。 わずかですが山頂付近から水蒸気が上がっているのがよく見えました。                    
a0053771_15444251.jpg
a0053771_15444711.jpg
a0053771_15445091.jpg
おきまりの開田高原方面の雲海と朝日
a0053771_08552181.jpg

[PR]

by koba620m | 2017-08-17 16:00 | Comments(0)

7月の御岳遠征は最悪の結果に・・・

 7月末の御岳遠征は雨とガスに悩まされた3日間でした。夜空は全く撮影することができず、新月期に合わせていったにもかかわらず何もせずに終わりました。8月の遠征こそはと意気込んでいるのですが、台風5号の影響で今のところ曇りor雨予想が続いています。早く台風が抜けてくれると晴天が望めるのですが、どうなるでしょう?一応、10日(木)お昼頃出発して、10日の夜空から狙ってみる予定です。
 ペルセウス座流星群の極大時刻は13日04時ですので、12日夜から13日朝方にかけ手が一番のねらい目です。月があって空は少し明るくなりそうですが、明るい流星が多いペルセウス座流星群ですので期待したいと思います。ここから3日間は、毎日天気予報(大滝村10日間予報)https://tenki.jp/forecast/3/23/4830/20429/10days.html とにらめっこです。

[PR]

by koba620m | 2017-08-06 14:24 | 天体 | Comments(0)

御岳遠征 天体編

鳥とは正反対で星空には3日間とも恵まれました10日の夜はボーグさんとの撮影です。ときどき薄雲が流れましたが、1級品の星空でした。ポタ赤に広角11mmをのせ夏の大三角を中心に撮影しました。午前2時薄雲が出始め前夜あまり寝てなかったので、ここで終了としました。
11日は10日以上の星空でスイカさんとの撮影でした。この日も夏の大三角を中心に追いかけました。途中からスバルが昇ってきたのでレンズをFD200mm F2.8に載せ換え淡い青色を求めて撮影してみました。
 いよいよ最終日の12日は昼間から雲に覆われ夜は曇りまたは小雨の天気予報で、ペルセウス座流星群は正直言って95%以上あきらめていました。ポタ赤などの機材を準備することもなくわずかな希望を抱きながら車中で天気の回復を願っていました。夜9時を過ぎても空は雲、周りにはガスが立ち込めほぼ絶望的でした。昨夜が徹夜のため知らない間に運転席で眠ってしまっていました。夜中0時に目を覚まし外を見ると奇跡的に星空が広がっていました。急いで隣の車のスイカさんを起こして準備を進めました。流星群の極大時刻は過ぎていましたが、早速固定撮影の準備をして撮影を始めました。運だけで最終日(極大日)も撮影することができました。
a0053771_2116792.jpg

おうし座の角付近を貫くペルセ群(固定 ISO6400 SS 20sec. F 4.5)
a0053771_2135729.jpg

天の川の横を流れたペルセ群(追尾 ISO3200 SS 60sec. F 4.5)


a0053771_2141451.jpg
a0053771_2143028.jpg

ソニーαで南に流れたペルセ群(固定 ISO1600 SS 10sec. F 3.5)

a0053771_2192283.jpg

白鳥座の近くに流れたペルセ群(追尾 ISO3200 SS 60sec. F 4.5)

a0053771_21101693.jpg

夏の大三角の横を通過していく人工衛星(追尾 ISO3200 SS 60sec. F 4.5)

a0053771_2195969.jpg

夏の大三角(こと座ベガ)の横に流れたペルセ群(追尾 ISO6400 SS 60sec. F 4.5)

a0053771_2194045.jpg

ガスに曇った大三角の中央付近に流れたペルセ群(追尾 ISO6400 SS 60sec. F 4.5)

a0053771_21112958.jpg

FD200mm F2.8でとらえたプレアデス星団(すばる)を通過する人工衛星(追尾 ISO3200 SS 10sec. F 4.5)

a0053771_21122410.jpg

すばるの右上に流れたペルセ群(固定 ISO6400 SS 20sec. F 4.5)

a0053771_21115953.jpg

銀河内に流れたペルセ群(トリミング)(追尾 ISO3200 SS 60sec. F 4.5)

a0053771_21154762.jpg

すばるの左横に流れたペルセ群(固定 ISO6400 SS 20sec. F 4.5)

a0053771_21163152.jpg

すばるの右横に流れた明るい流星。散在流星と思われる(固定 ISO6400 SS 20sec. F 4.5)

a0053771_21185861.jpg

露出1分で追いかけた天の川(追尾 ISO6400 SS 60sec. F 4.5)


撮影機器:および撮影データ
カメラ CANON EOS Kiss X3 / SONY α350
レンズ TAMRON 11~18mm →11mm F 4.5 ss 60sec ・ CANON FD 200mm F2.8 / COSINA 19-35mm →F3.5 SS 20sec.
五島光学 スカイグラフ 自動追尾
[PR]

by koba620m | 2016-08-13 21:05 | 天体 | Comments(4)

御嶽遠征 鳥編

 毎年恒例になったこの時期の御嶽遠征でしたが、ホシガワスに関しては最悪の状態でした。天候は3日間とも完璧で、10日、11日は日差しは強く日焼けでひりひりする状態でした。お仲間はボーグさんと10日~11日朝まで、スイカさんと11日~13日朝まで一緒で、昼間は鳥で夜は星三昧の3日間となりました。
 10日・・・朝から遠くを通過するホシガラスを3回見かけただけで、1回もシャッターを押すことなくあきらめました。声も聞こえることが少なく2~3羽ぐらいしかいないのではないかと感じるくらいでした。
 11日・・・朝、駐車場で一度撮影できただけでした。
 12日・・・昼間3回ほどシャッターを切ることができましたが、今回の遠征ではなかなか出てこないのでデジスコを持たずにデジイチだけ持っていきました。
ハイマツにもシラビソにもほとんど実が見つからずこれではホシガラスがいないのが納得できました。

a0053771_18183626.jpg
a0053771_18185033.jpg
a0053771_1819419.jpg
a0053771_18191769.jpg


そのほかにはカヤクグリが何度も出てきてくれましたが、ウソは目の前を通過するばかりで撮影できませんでした。

a0053771_18465017.jpg
a0053771_1847587.jpg
a0053771_18471949.jpg


撮影機器:および撮影データ
カメラ CANON EOS Kiss X3
レンズ SIGMA 400mm F 5.6
[PR]

by koba620m | 2016-08-13 18:19 | ホシガラス | Comments(2)

愛車 プリウスアルファー

 やっと愛車プリウスアルファーのブログデビューとなりました。息子の新車買い替えに伴って、10年乗っていた私のウィッシュを下取りに出し、まだ1回目の車検もとっていなかった真っ赤なプリウスアルファーに私が乗ることとなりました。
 ご存知のようにプリウスアルファーはハイブリッド車でエンジンは1800㏄の5人乗りです。後列を前に倒すとおよそ180cmの荷物スペースができ、車中泊で十分活用できます。ただ、ウィッシュと違うのは後列シートを倒した時に荷物スペースとの間に20cmほどの好き間ができることです。これを解消するには厚めの段ボール敷くことが一番のようです。
 ハイブリッド車の利点はやはりまず燃費でしょう。通勤等で使っていますがリッターあたり16kmから17kmは当たり前です。スピードメーターについているトリップメーターで残りのガソリンでどれだけ走れるか出るのですが、いつも驚かされるのはガソリンを2.000円入れると400kmぐらい走れると表示されます。今年の夏の御岳遠征でも行きに満タンにしておけば、現地で休憩時間の昼間エンジンをかけていても十分帰ってくることができそうです。
 次に停車中でもエアコンを利かせることができ、大容量のバッテリーでエアコンを動かし電気容量が少なくなると自動的にエンジンが始動してバッテリーの充電を始めます。今までカメラのバッテリーなどを充電するとき1時間から2時間エンジンをかけっぱなしにして充電していましたが、ハイブリッド車だと実際にエンジンが動いている時間はおよそ半分くらいの時間です。
 100vのソケットを備えているハイブリッド車もありますが、私のアルファーにはないのでインバーター2台で100V、450Wを作り出しています。一度に3種類のカメラバッテリーを2個づつ合計6個充電できる計算です。

a0053771_1024041.jpg


 今年の御岳遠征は8月9日夜に出発して、10日、11日、12日の3日間、昼はホシガラスを夜は流星群を追い求めていくつもりです。今から何をもっていこうかワクワクしています。13日午前中に御岳を出発して昼頃名古屋に戻る予定にしています。翌日14日は昼から同窓会があって出席するので13日中に帰宅しないとまずいのです。田の原駐車場は標高2180mですので、昼間でもエアコンなしで車の中におれます。とにかくさわやかな風が吹いて本当にゆったりできる期間です。
 カメラはデジ一4台とコンデジ2台、三脚3台、12Vバッテリー3台持っていくつもりです。この遠征の楽しみの一つが食事ですが、昨年購入した「たけるくん」は最高でホッカホカのご飯が食べられるので今回も重宝しそうです。あったかいご飯に生卵をかけた「たまごかけごはん」は一番のごちそうです。以前のようにカップ麺やサトウのご飯だけの食事からかなり進歩したと思います。最近はまっているのは冷凍食品のチャーハンとホルモン鍋です。アイスボックスでは解凍されてしまいますが、1日ぐらいなら問題ないので持っていくつもりです。定番の焼きそばとレトルトカレーはもちろんですが、今年はうどんをもっていってカレーうどんにしてみるのもいいかなと考えています。2か月先がとにかく待ち遠しい・・・・・。
 まだ御岳山頂上へは登れないので、きっと田の原駐車場は昨年のように閑古鳥が鳴いていると思いますが、星屋や鳥屋の私にとっては大歓迎です。ゆったりのんびり活動ができますから。そうそう、今年絶対にもっていこうとしているのが、虫よけのつるすタイプのものです。商品名でいうと「虫コナーズ」。
a0053771_1035175.jpg 田の原天然公園でホシガラスを待っているとき小さな虫がいっぱいカメラについたり、顔の周りを飛び交います。これを何とかしたいと考えているからです。車に戻っても食事の準備の時この小さな虫に昨年は悩まされましたので、車にもつるしておこうと考えています。
 現在の御嶽山入山規制は1kmですので、天然公園の御岳よりの遥拝所から先へは入れません。
a0053771_10435452.gif


昨年の遠征での田の原駐車場の様子。例年なら数百台止められる駐車場にわずか数台でした。

a0053771_10515090.jpg

a0053771_1052377.jpg

[PR]

by koba620m | 2016-06-11 10:47 | その他 | Comments(0)

御岳いろいろ

 噴火の影響で、登山客が皆無の御岳にやってくるのは、とりやと気まぐれの観光客のみ。頂上山荘は望遠レンズ越しでも痛々しさが伝わってきます。多くの犠牲者の方たちやまだ見つかっていない5名の方たちに合掌。
a0053771_12464297.jpg
a0053771_12465597.jpg

日の出前、雲海
a0053771_12472577.jpg

a0053771_12481229.jpg
a0053771_12485343.jpg


撮影機器:および撮影データ
カメラ CANON EOS Kiss X3
レンズ SIGMA 400mm F 5.6
[PR]

by koba620m | 2015-08-15 12:49 | その他 | Comments(4)

御岳遠征 ホシガラス

 毎年恒例になった御岳遠征に行ってきました。結果は散々な結果となりました。ホシガラスはいるにはいるのですが、遙か遠くを通過するのみで、なかなか近くの木に留まってはくれません。11日朝から夕方までで、シャッターを切ったのが3回のみと言う結果です。駐車場は御嶽山に登れませんので、とりやさんだけで、こんなに空いている御岳田の原は初めてです。
 夜は雲が多く全くだめで、12日の夜は8時頃から雨が降り始め流星群はあきらめました。

a0053771_1265296.jpg
a0053771_127766.jpg
a0053771_1272872.jpg
a0053771_1274669.jpg

とりやさんしかいない駐車場
a0053771_12133612.jpg
a0053771_12135545.jpg



撮影機器:
ニコンフィールドスコープEDⅢ TurboAdapter 30XWFA
コンパクトデジタルカメラブラケットFSB-1A(改造)
カメラ カシオ FC-160S
[PR]

by koba620m | 2015-08-15 12:08 | ホシガラス | Comments(0)

御岳遠征

 今年もペルセウス座流星群に合わせて御岳に行ってきました。前回のアップが2月4日でしたので半年ぶりの更新になります。実は最終更新日2月4日に療養中だった母が亡くなりました。思い出すと早朝、撮影に向かいそのまま出社しアップしたところで、母の様態が急変したとの連絡をもらい病院へ向かいましたが、その日の内に息を引き取りました。次男の私ですが、2年前に兄が亡くなっているので喪主を務めたりといろいろあり鳥屋さんは休業状態でした。夏休みに入ってやっと余裕もできたので9日夜出発の計画を立てましたが、台風11号の接近で予定変更を余儀なくされました。特に10日の未明に春日井市に大雨・洪水警報が発令され避難所開設など仕事が入り、台風一過の青空を期待して10日夜に出発しました。スキー場付近からガスがひどく視界が10mあるかないかの状態で田の原につきました。11日は残念ながら1日中ガスがかかり夕方1時間ほど鳥見をしましたが、ガスの中のウソだけでした。よく12日は朝から雨とガスで午後の3時まで外に出ることもできませんでした。しかし4時頃から雲間に青空も見えだし、夜の星見に期待が出てきました。
 夜の気温は12度で厚手のセーターを着てやっと過ごせる状態でした。一晩中月が光り最悪の状態でしたが、いくつか流星を観測することはできましたが、カメラではとらえることができませんでした。
 ホシガラスは13日朝5時半から8時までの撮影結果です。当日は御岳トライアスロンがあるため、渋滞を避け9時には現地を出発し帰路につきました。

a0053771_109361.jpg
a0053771_1094490.jpg
a0053771_1095593.jpg
a0053771_1010199.jpg
a0053771_10101283.jpg
a0053771_10101766.jpg
a0053771_10102426.jpg


撮影機器:
ニコンフィールドスコープEDⅢ TurboAdapter 30XWFA
コンパクトデジタルカメラブラケットFSB-1A(改造)
カメラ カシオ FC-150
[PR]

by koba620m | 2014-08-15 10:10 | ホシガラス | Comments(4)